効果は絶大“3”の法則


【3】という数字。
これは、皆さんが思っている以上に大事です。



ここで、いくつかの例をご紹介させていただきます。

どれもシンプル、でも効果は絶大。

ぜひ、お試しください。


理想実現のための“3”

みなさんは、人生の目標、ビジネスの目標がありますか?

『え・・・』『う〜〜ん、、、、』と

なってしまう方は、今一度、これを気に自分自身の棚卸しをしてみてください。


まず、目標を決める際に

①【最低限なっていたい姿】を書き出します。

ライフスタイルや、具体的な数字(お金のこと)であってもいいです。


次に、

②【でもでも、もっとこうだといいな】という理想の姿

書き出します。


さらに

③【到底無理かもしれないけど、こうなったら最高だけどな!】という

最高レベルの理想を書き出します。



1年の始まりに、これを書き出し1年経つと

だいたい真ん中の②のレベルになることが多いのです。


これには【中庸】という考え方も関係してきますが、

①と③の目標をセットで考える、ということが重要です。

それらがバランスをとり、押し上げたり、

引っ張ってれたりして②の理想の場所へ運んでくれるイメージですね。


よくある【理想を決めましょう】という1つだけの目標設定よりも、

自分の理想へ近くスピードはかなり上がると思います。

(個人的な実体験も含め)




メニュー設定のための“3”

いわゆる【松竹梅】設定。

この場合、多くの人が【竹】を選びますが、

3つあることで、

・竹を選ぶ理由

・松や梅を選ばない理由

納得感】を感じた上での

購入につながることから

お客様にとっての“不安を払拭”しやすいのです。


余談ですが、

私が普段ご提供しているロゴデザイン制作も

デザイン案を3つご提案するのも、この理由からになります。

お客様の【納得感】は、販売後まで響いてくる、とても重要なポイントです。




ポイントは3つです。の効果

あるテーマ(セールスポイント)について伝える際に、

【ポイント3】

【3つのお約束】

【3ステップ】

など、3つに分類することが有効的である理由は

幾つかありますが、



発信側としても、3つに分類することで、

伝えたいポイントを、かなり整理しやすくなる。

=読み手にもわかりやすくまとまります。

=読み手に響きやすくなります。


3つだと見た目のリズム感がよい。

これも、読みやすさにつながります。

HPでは、とくにこの

“見た目のリズム感”が大事です。

要は、読む時に、テンポよく読み込めるか、という観点です。





いかがでしたか?

このように、には、心理的やマーケティング的に

力を与えてくれます。

(このオンラインサロンも基本はヶ月です!^^)


ぜひ、みなさんも

理想作り、メニュー作り、セールスポイント作りに

活用してみてください!!!










  • ブラックInstagramのアイコン
  • Facebook
  • ameba

© 2019 encore design school. all rights reserved.