Webで成約するために必要なこと





私が初めて“Webで売る”を体験したのは

今の仕事の前にチャレンジした

輸入商品のネット販売でした。

(カラーミーショップを使用していました)


ここで

Webで物を売ることの基本を学びました。

(売る!に集中して学んだ時期でした・・・)



ものすごく大事な点ですが

意外と、このことって、

今まで口外してこなかったかも・・・!


Webセンス研究所の皆様には

ぜひ知っておいていただきたい内容ですので

チェックしてみてください★


【Webで売る時の基本のき】

・サイトのトップ画像は大胆に、綺麗に。

・自社の強みやメリットを大きく、簡潔に伝える。(3つのお約束・・・などがわかりやすい)

・はじめは、売れてそうな他サイトの構成をとことん研究し、真似してデザイン練習をする。(内容は真似しちゃだめです)

・バーチャルオフィスを借りてでも住所の明記をする(自宅の場合もできるかぎりのところまで記載)

・お客様のお声必須



ここまでが

基本ですが。。。。


5年前から始めた、

現在のお仕事では

さらに高額商品(例えば10万円を超えるHP制作)を販売するようになり、

そこにはまた違った角度からの、ポイントがありました。


私が試行錯誤して、形にしてきた

高額商品の販売ポイントをお伝えします!

(あくまで私流です)

▼▼▼▼▼▼▼


上記の基本のきは、取り入れた上で・・・


・ペルソナ(理想のお客様像)の徹底と、ペルソナとの未来について真剣に考える

・恥を捨て顔写真を掲載する

・自分自身の情熱を自分の言葉でとことん表現する。このときに、社会やお客様の幸せを願っていることを書く。(好きだからこの仕事してます、だけはNGかも。)

・自分について、良く見せすぎようとしない。等身大でいく。

・売れるまで、書き直す(推敲する)

・販売期限を設ける(早割など)

・高額を受け取る覚悟を受け入れる(意外、自分は高額を受け取る資格はない・・・とメンタルブロックがある方が多いのです。)

・うまくやっている人の真似よりも、自分自身の価値にしっかり気づき、受け入れ、それをアウトプットしていくことが大事。

・(おまけ編)神社へのお賽銭・・・意外と大事かもなのですー 笑

→でもこれ、効果を実感している人続出なのです!

------------------------------------------------



女性に売る場合と、

男性に売る場合では

売れる表現・構成・デザインはかなり異なります!!


そこも注意して、

参考にするサイトもちゃんと選ぶことが大事です。


私自身は、

ほぼほぼ、ずーーーっと

女性に売ることばかりをしてきましたので、


Webセンス研究所のコンテンツは

女性に売りたい、という方にオススメの内容になっています。


何かヒントになることがあれば幸いです。